2012年11月01日
先日サンフランシスコに出かけた時から物欲がむくむく。
ブーツも欲しいし、バッグも欲しい。
あれもこれも、とオンナってのは困ったものだ。

特に欲しかったのが、The North Faceのレザーブーツ。
去年まで冬に履いてたロングブーツがだいぶくたびれてきたし
バイクに乗るのに革が欲しいなぁと思っていたところだったので
どうしてもこれは欲しい、とオッサンに交渉し、
買ってもいいよ、とお許しをもらった♪


しかし、少しでも安く欲しいものを買おうと思うのが主婦。
そこで調べてみたら、どうやらバークレーに
The North Faceのファクトリーやアウトレットがあるらしい。

バークレーと言えば、UCバークレーがあるところ。
学生の街ならば、安くておしゃれなお店も多いだろう♪と
わくわくー楽しみー☆で赴いた。

グレートモールからバスに乗り、フリーモントまで。
フリーモントからはバートでリッチモンド行に乗り、一本。
楽ちん♪

バークレーに到着すると、さすがに学生が多い!
せっかくだからバークレーの街を見ながら歩いていくことにした。


・・・んだけど。


駅からは結構遠くて、のんびりアレコレ見ながらってこともあるけど
1時間くらいかかってしまった。
これならバス乗ってもよかったかも(^^;
 
とうちゃーく

でもでも歩いた甲斐あったよーー!!!


アウトドアショップが好きな人には宝の山よ!
ほとんど新品同様のものが通常でも2割引き程度らしいのだけど、
ラッキーなことに11月から(今日から)のセールも開催してた!

しかしアウトレットなのでお目当てのブーツは
見つかるかどうか危惧していたんだけど、無事に発見!
サイズも聞いたら奥から出してきてくれた。

というわけで、日本で考えたら通常の新品の価格でも
断然お得なのに、ほんのちょっと傷がある程度のブーツを
アウトレット価格で、さらに今日は女性用フットウェアがさらに値引き。
なんだかんだで約半額くらいで買うことが出来た。
いやっほぅー


他にもグローブやスノーボードウェアやフリースなど
欲しいものたくさんあったけど、今回はぐっと我慢。
昨シーズンはスノーボードをしなかったし、今シーズンも恐らく行けないと思うから。
買っちゃったら行くけど。もちろんww


これを持ってまたバークレーの駅まで歩くのは大変だったけど、
(しかも朝は雨で寒かったのに、午後から晴れて25度越えで暑かったー!)
いやいや、行って良かった!

バークレーにはそのほか、REIもあったし
オシャレなお店もいっぱいあったよ。
時間あったらもっといろいろ見て回りたかったなぁー。



余談だけど、バークレーの街を歩いていたらこんなのを見つけた
個室風呂

これ、サンノゼにも欲しいわー。
2012年10月31日
こちらにいる間にしたかったことの一つ。
映画を見ること。

もちろん、全編英語で、字幕なしなのはとてもハードルが高い。
だけどストーリーがある程度わかっていれば問題ないかな?
と思って、選んだのがこれ。

Chasig Maveriks

22歳という若さで亡くなったサーファー、
ジェイ・モリアーティの実話をもとにした映画。




サーファーなら誰しも、うわぁ、と声を上げてしまう映像ですごかった。
あと、ジェラルド・バトラーがかっこよかったわぁー。
主役のジェイを演じたジョニー・ウェストンも可愛かった☆
カワイイお顔なのに、むっきむきのいい体なのがまたイイね!


残念ながら7割くらい聞き取れなかったけど、
場所がサンタクルーズやハーフムーンベイと
先日行った場所だし、サーフィン映画だから見ていて共感できるし
ほとんど問題なく理解できたんじゃないかな(苦笑)
テーマが分かりやすいのが良かった。

だけどやっぱりちゃんと理解したいなー。
英語で映画はまだまだ壁が高い!!!

これ、日本でも公開されるのかな?
字幕でもう一回みたいなー。
2012年10月30日
グランドキャニオンをUPしました。

コロラドでの2日間もUPしています。
土曜日は今年初の雪を見ました。
日曜日は昼間っから酔っぱらいましたよー♪


英会話からえっちらおっちらと自転車こいで10マイル。
部屋に戻ったちょうどそのタイミングでオッサンからメールが入り
「会社でハロウィンパーティやってる。
えらいことになってるよ!見においでー」

ということで、急遽また3マイル自転車で走り、オフィスへ。

到着すると、本当にえらいことになってたw




子供たちは仮装して、フェイスペインティングして楽しそう。
大人にもビールやワインがふるまわれていて、本当にまだ就業時間?!ww
   


日本のオフィスから来た顔見知りの人とも
思いがけず会うことができてちょっと嬉しかったなー。

それにしてもオフィスとは思えないほどのデコレーションの力の入れよう。
カフェテリア入口


アメリカでは、ハロウィン、サンクスギビング、クリスマスは
3大祭りなので、全力で楽しむそうです。

明日の本番、街はどうなってるんだろ?!
大学の近くとか行ってみようかな。
すごいことになってそうww
2012年10月28日
昨夜はぐっすり良く寝た!
自宅化してる滞在先のホテルよりも快適でよく眠れたんじゃないだろうか。

昨日、朝早くて夜遅くまで話し込んでいたために、
ちょっと遅めの朝食。

目が覚めてすぐの英語はなかなかキビシイけど
こういうのに慣れていかないと上達しなそうだなぁ。
ホームステイができた気分。
いいね、楽しい♪


午前中はフェルナンドさんと、昨日のインドGPの録画を見て、
その後、出かけることに。
フェルナンドさんもF1が好きだから、同じように盛り上がれて楽しい。

そして今日、最初に連れて行ってくれたのは、クロックスのメインオフィス。
デュークくんがいますね


ビルにもデュークくん

日曜のため、全然人がいないけど。
ここがいま、全世界で有名なクロックスの本社ですよー。

山はまだうっすら雪が残ってる
ロッキー山脈の一部

今日は暖かいから、午後にはもうなくなってるかもね。


次に行ったのが、今日のメインのお楽しみ。
Coorsの工場見学。



ワタシのお気に入りのビール、
Blue Moonもここで作られています♪

Blue Moonがコロラドのブリュワリーで作られているのは知ってたんだけど
それがCoorsとは知らなかった。
つくづくワタシってラッキー☆

オーディオセルフガイド
全編英語でさっぱりわからない。
でも大丈夫。
日本で何度もビール工場は行ってるからw
内容はほとんど同じでしょ。




途中でサンプルビールを飲めたり


サンプル

このあと、まだパッケージの行程や会社の歴史など続きます。

オーディオガイドが終わると、ラウンジでは、本格的に3杯飲めたりw
完全に酒場



ぷっはー

ここは時間が無制限なのがいいね。
入口でIDをみせるだけだし、無料だし
普段見かけない銘柄も飲めるし、いうこと無し!

多分、今後はBudweiserとCoorsが選べるなら
Coorsを選ぶと思うw

最後に売店でお土産を買って、ブリュワリーツアーは終了



いやー酔っぱらったw




今日の夕食はフェルナンドさんの家で。
昨日はレストランで代表的なメキシカン料理、
今日は家でメキシカンの家庭料理。

食前酒はなんとテキーラ!!
あれ?意外に美味しい。
チェイサーはお手製だというけど、これがまた美味しい。
このレシピ聞こうっと。



今回の旅でメキシコを好きになり、Coorsを好きになった。
思いもしないことに触れて興味をひかれると、どんどん好きになるものだね。
恋みたいww
2012年10月27日
朝6時55分の飛行機に乗って、
コロラド州デンバーへ向かいます。


え、雪原?!

今週の半ば、シエラネバダ山脈もロッキー山脈も雪が降ったみたい。
山沿いは雪ががっつり積もっておりました。


とうちゃくー
デンバー空港は広い!
メインターミナルとABC各ターミナル間は電車だし、
それぞれのターミナルも大きくて広い。

空港の外もまだ雪が残っておりました。
さむっ

ここでお迎えに来てくれたフェルナンドさん、マリアさん夫婦と合流。

メキシコ人のフェルナンドさん夫婦は現在デンバーのお隣、
ボルダーにお住まいで、今週末はお宅にお邪魔させていただくことになったのです。

まずはデンバーの美術館へ。





ふだん、こういったミュージアムにくる機会は少ないので
これはとてもいい経験。
芸術はさっぱりわからないけど、マリアさんがいろいろ説明してくれると
その面白さに興味がでてくる。

今回はネイティブアメリカンのコーナーを中心に。





そして最後は何故かモンゴルの民族衣装。
こういうのはお調子者の奥さん二人がw
本来は子供用
意外と似合うじゃないか・・・苦笑


この美術館でランチ後は植物館へ。


季節ごとに美しい植物の色があるんだろうなー
ほんのり雪が残っている
それもまた良い感じ。


ハウスの中では熱帯植物も。
バナナも育ってる

美術館も植物園も、普段なかなか行く機会がないので
良いチャンスだからどちらもゆっくり堪能してきた。

夕飯はメキシコ料理のお店へ連れていってくれた。
マルガリータ

ワタシ、意外とメキシコ料理好きだわー。
写真は無いけど、ひよこ豆もエンチラーダもグリーンチリも美味しかった!
ご馳走様でした!
2012年10月22日
話は昨日の続きから。
昨日の夕方、無事にグランドキャニオンに到着。
夕日に間に合ってよかったよw

その手前にあるリトルコロラドシーニックビューに寄って
思いがけず結構な時間をかけて堪能したりして






このV字の渓谷もなかなかの迫力。



ようやくグランドキャニオンに入って



最初のデザートビューポイント。






韓国人のオバチャン集団がいて、韓国語でもの凄い話しかけられた。
すんません、ワタシ、日本人なので、わかりません・・・。
と当惑していると、あ、間違えちゃった、ごめんね、てへぺろ、みたいな顔された。
おばちゃん、意外にカワイイw


有名なマーサーポイント。



グランドキャニオンも朝日と夕日が美しいと
あちこちのガイドブックに書かれているだけあってとても人が多く、
なかにはおそらくラスベガスから、日帰りで夕日を見てくるツアーもあるらしく
観光バスで日本人もたっくさん来ていた。
あ、もちろん個人でこられてる日本人も多かったよ。

驚いたのは高校生ぐらいの子が多かったこと。
しゅ、修学旅行?!(ハワイに続き、ここも?!)
でも10代の終わりごろや20代に来るのは良いだろうな。
よく人生観変わるっていうし。
オッサンオバサンは現実にもまれて人生観を変えてきてるので
ただただ感動するだけでしたが。




とはいえ、やっぱり自分のちっぽけさを
これでもか、と、まざまざと感じずにはいられない景色でした。


さて、お宿は公園内のヤバパイロッジ
山小屋風のロッジでシンプルなお宿でございました。



外観

夜に撮ったからわかんないね(苦笑)
夜は真っ暗で静かで星がよく見えたよ。



そして晩酌はグランドキャニオンのビール。
味はフツウ。



目覚ましをセットして、夜明けに備えて早寝!




5時に起きて、6時に出かけるつもりで目覚ましをかけ、
予定通りに起きて支度をしていると、なんかおかしい。
よくよく別の時計を見ると、まだ4時台。
なんで?!

実はiPhoneのアラームを使ったのだけど
ワタシのiPhoneは前の晩にナバホ時間に合わせたまま
電波を拾ってなかったのだ。
つまり、1時間進んだまま・・・ orz


ま!まぁ、まぁ、まぁ、まぁ!(滝汗)
寝坊するよりよかったよね!
ってことで、無理やり結果オーライとした。

朝日はヤバパイポイントから。





ちょう寒い。
気温は5〜7度くらいなのだけど、風が強くて体感はほぼ氷点下。
ニット帽とダウンとひざ掛けを用意していてもどんどん冷える。
息をのむ美しさでずっと見ていたいのだけど
風が体温を奪っていくぅぅーーー。

というわけで車で暖まりながら移動を繰り返し
いいポイントを探すことにした。


リパンポイント
このリパンポイントはすごく良かったなー。
けど、風が一段と強くて断念。
吸い込まれそう、というか飛ばされて叩きつけられそう(怖)

昨日も行ったデザートビュー。
すっかり明るいが。

昨日と打って変わって空いてる。
もちろん風は強いけど、他よりややマシかな。

なにより空いてて、人の声、人の音が無いのが
素晴らしい景色をさらに感動させたよ。
怖いくらいに。

誰もいない

風の音だけ






写真ではとうてい表せられないほどのスケールだし
ましてや言葉では尽くせないほどの迫力でした。
自分の目で見ることが出来たことが素晴らしい経験だね。


このあとアリゾナ隕石孔を見に行ったのだけど
それはまた別の機会に。
2012年10月21日
モニュメントバレーの美しさは特に
朝夕が素晴らしいと聞いていた。
だが、夜もすごく良かったよ。
満点の星は言うまでもなくキレイで、
砂漠は本当に静かで風以外の音が何もなくて
太古の昔からずっと変わらないのを感じさせてくれた。
つまり、良く眠れた、ってことだw

ここはナバホネイションの夏時間を採用していたため、
アリゾナ時間より1時間進んでいる。
7時半ごろのサンライズ予定だが、実際は6時半ってことだね。
目覚ましをかけて起きたんだけど、つい二度寝に…

と、あわてて起きて見た朝焼けの景色は
とうてい言葉では表せないものだった。
夜から朝へ

日が出てきた

今日も良い天気
写真にも納まらないよねぇ。

静かで荘厳で、陽の光が動かなければ
時間が動いていることすら嘘のようだった。


バレー内のツアーには申し込まず、
自分たちでビュートの間を走るバレードライブをいくことに。
未舗装路だから、ラリーみたいな気分だったよw
レンタカー屋のお兄ちゃんのすすめを素直に聞いてSUVにして良かった!

どーん


ジョン・フォードポイント。
かなり高い!
後から調べたら300メートルだって!



お約束


ホテルから見るのとは違う角度から見れるのも魅力。

ジープツアーも良いけど、砂埃はすごいし、
窓もない車だから投げ出されそうだし、車酔いしそう。
でも、ひとつひとつ説明してくれるのはいいよね。

このコース、おすすめ。
自分でじゃなくても、ツアーでもいいから、
ぜひ体感してほしい。
ビュートを足元(谷底)から眺めるのはすごい迫力だよ。

ホテルのテラスから

もちろんホテルのテラスから眺めるだけでも充分おススメです。
でもせっかくだから砂まみれになっても見たいでしょ?ww




そしてバレードライブを堪能したあとは
フォレストガンプにも出てきたあのポイントを探しに行くことに。




国道を20kmほど北上してふりむくと、


これ!!


この時、何故かビリーバンバンが脳内でエンドレスにかかってたけど
(数年前にいいちこのCMで使ってたよね、この映像とビリーバンバン)
そんなに切ない場所じゃなかったwww


こうしてモニュメントバレーを堪能して、
次はまたロングドライブ。
まだ昼だけど、そろそろ向かわないと、夕日に間に合わないかも?
広いよね、アメリカ・・・。

2012年10月20日
さぁ、今日はロングドライブ。
そしてワタシも運転します!

走り始めて10分ほどで、出てきた出てきた
サボテン!
わははー 砂漠ぽいなぁー

砂漠というか荒野を互いに運転も交代しながら、
飽き飽きする程走って走って(途中でランチもはさみ)
最初の目的地、ダイナソートラックスに到着。
こちらですよー

駐車場に車を止めると、
ナバホ族のおばあちゃんが、
「戻ってきたのー?」と声をかけてきた。
きょとんとしてると、
「あ、間違えた。さっきの子達かと思った(苦笑)」
なんとも可愛らしい。

そのままそのおばあちゃんが案内してくれた。


こんな不毛の地のようなところだけど、
ジュラ紀には沼地だったようで、恐竜の足跡が
たっくさん残っている。
わかるかな?

前を行くおばあちゃんが

教えてくれたのは
2つの足跡

ズームアップ
母と子の足跡(らしい)

これは翼竜の翼部分(らしい)

ウンチもww

「日本語でなんていうの?」と聞かれたので
「うんちw」と教えてあげた。
これを繰り返すおばあちゃんがもう可愛くてw

ワタシはすっかりこのおばあちゃんが気に入ってしまった。
ここはちゃんとした公園でもないので、
決まった料金などはない。

なので、おばあちゃんにチップという形で払うのだけど
相場がまったくわからない(汗)

10ドルを渡したけど、これでいいのかどうかもわからず、
おばあちゃんが作ったというジュエリーをひとつ買うことにした。

しかも、結局これも気に入ったものが5ドルくらいのもの。
ごめん、おばあちゃん。
金にならない客で(汗)

高価なものではないけど、ワタシにとっては
とても大切な宝物のひとつになった。


他のとこから買うより、おばあちゃんから買った、ってことが大事なのよ、うん。

ちなみに突然だが、余談。
ナバホ族とはアメリカ最大の人口を持つネイティブアメリカンで
このあたりはナバホ居留地(ナバホネイション)になる。
ナバホ居留地は、アメリカが認める「独立国」で
独自の法律も国旗も学校も警察も裁判所もあるのですよ。
ナバホネイションは東北6県ほどの広さで
モニュメントバレーもそのなかにあるのです。



おばあちゃんにこのあとモニュメントバレーに向かうと言ったら
この先でお祭りをやってるから渋滞してるよ、と教えてもらった。


車窓から。
だが、たいした渋滞ではなく、
それより、とても賑わっていたので、
このお祭り、ぜひゆっくり見てみたかったなーーー!


先を急ぎます。


またまたうんざりするほど走っていくと
だんだん景色が変わってきて
それっぽいビュート(岩)がでてきた。


きたか?


きたっぽい!


きたきたーー!

あれだね!

ちなみにここはユタ州との州境。
ユタ州に入りました

ホテル到着

なんとか夕日に間に合った!

ホテルの部屋からの眺めが最高★
部屋から

この眺望!


ちなみに部屋はこんな感じで



フロントはこんな感じ。



随所にナバホデザインのインテリアでカワイイ。


日が暮れてしまうと、他に何もすることがない。
ので、ちょっと早いけど、今日はとっとと寝てしまうことに。
オヤスミー。

2012年10月19日
金曜の夕方。
オッサンの仕事が終わってから、出発。

自宅化してるホテルから車で10分〜15分程度のところにある
Norman Y. Mineta San Jose International Airportへ。

普段、高速や一般道を車で(あるいは自転車で)走っていると
割と低く頭上を通過していく飛行機をよく見るのは、
このSan jose空港から離発着しているんだね。

インターナショナル空港と言ってもさー、市内にある小さい空港だし
そんなに期待するような空港じゃないよね、
なーんて思ってたけど、けっこうキレイで大きくはないけど、
コンパクトによくまとまってていい空港だったよ★








フードコートに和食もあったし♪
うどんと巻き寿司
空港価格で高かったけどね!



今回の旅はここから、Southwest航空で。
Southwest航空と言えば、色々自由でユニークな社風と聞いていて
ちょっと期待。ワクワク。
乗りますよー

だが、そんなに期待したようなパフォーマンスがそうそうあるわけもなくw
しかし、まったく無駄のない、不満のないフライトでした。
格安航空会社に位置づけられているけど、さまざまな工夫と
企業努力で効率よく、かつ快適に過ごせるようになってるね。
あと、本当に従業員が楽しんで仕事してるようだった。
素晴らしい!!

さて到着したのはアリゾナ州フェニックス。
とうちゃーく

暑い!
暑いよ!さすが砂漠の地。


レンタカーを借りて、
コンパクトカーを予約していたんだけど、SUVを勧められて
素直に従ったんだけど、ずらっと並んだ対象車、どれでもいいよと言われて驚愕w
そして乗り慣れていないSUVに多少手間取ったり

ホテルに到着したのは
もの凄くお気楽そうな名前のホテルだが、
この地名がハッピーバレイなんだよw

もう0時近く。

今宵のお宿

今宵はここまで!
お疲れ様ー。

2012年10月14日
朝起きると、ほんのり喉が痛い気がする。
ヤバイ!
風邪か?!

寝不足、疲労、気温差、乾燥・・・

風邪ひくには申し分ない条件がそろってるなぁ(汗)
いやいや、風邪ひいてる場合じゃないんだって!


今日は朝からまたファーマーズマーケットへ。
ここで果物や野菜をどっさり買い込んで、風邪予防しなくちゃ。

ファーマーズマーケットでジルさんに会って、
そのままジルさんのお宅にお邪魔することに。

双子と遊んでいる間に、ジルさんがお昼ご飯を用意してくれて
これがめちゃウマ!

ファーマーズマーケットで買ったトマトとバジルと
自家製のオリーブの塩漬けを使って作ってくれた冷製リゾット。
これがクセになる美味しさ。
レシピを教えてもらって帰ろうw


双子たちがお昼寝している間に、庭のレモンをもいで
リモンチェッロづくり。

立派なレモンの木

これをもいで

こんなにいっぱい

冷水でキレイに洗って、

皮をすりおろして

お酒に漬けておく。
1か月ほど漬けたあと、濾してシロップと合わせて出来上がり。

ジルさんは、本当は今年は時間もないし、
リモンチェッロを作るのを半分あきらめていたらしいのだけど
ワタシ達が作り方を教えて、と言ったので、
それなら一緒に作ろうか、と作ることにしてくれたのでした。
わぉ。言ってみるもんだ♪

こうして一緒に作って、作り方を教えてもらえば、
日本でも作れるかなー。
無農薬のレモンがどうやったら手に入るかが問題だがw

レモンはこのほかに
パック用と、風邪防止のレモネード用に少し分けてもらった。

お庭のオリーブも、もう少し色が濃くなってきたら収穫して
オリーブの塩漬けも習おうっと♪


ジルさん、今日もいろいろお世話になりました!
ありがとうございますー(^▽^)ノ
2012年10月13日
朝7時。
サンフランシスコ空港に無事到着。
寒いーー。


シリコンバレーに帰る途中、ハーフムーンベイに寄ってきた。


と言ってもサーフィンをしに行ったわけではなく(当たり前)
ちょうどこの週末はハーフムーンベイでは
アート&パンプキンフェスティバルが開催されているのを
事前に知っていたのさ♪
教えてくれたのはバービーだけど。
ありがとう、バービー!


良い天気♪

ハーフムーンベイは、カボチャの産地としても有名で、毎年この時期、
巨大パンプキンコンテストが行われることでも有名らしい。

あちこちにカボチャ。
あんまりカワイクないw


ハロウィンも近いし、仮装してる人もちらほら。
キリンちゃんはぐっすり


全力

到着したのはまだ朝10時前なのだけど、駐車場はぼぼ満車。
これから来る人は渋滞&混雑必至だなぁ。
ワタシ達は幸運なことにスムーズに駐車場に入れられた。

おそらく普段は小さくて静かな街であろうという
ハーフムーンベイのメインストリート。
ここにアートの出店やパンプキンスウィーツの出店などが並ぶ。
高校生のバスケットボールチームやチアリーディングチームなどが
活動費の為に出店してるところも数店見かけた。

地元のワイナリーが出しているのはグラスと1杯分のコイン。 ワイナリーのブース

それぞれ5ドルなんだけど、グラスを購入すれば、2杯目はコインを購入するだけで
ワインやスパークリングワインなどが飲めるのだ。
なみなみ入ったミモザ

ワタシはピンクのスパークリングワインに
オレンジジュースを入れて、ミモザにしていただきました。


これのビール版もあったので、ビアジョッキも購入。

おつまみにガーリックフライも。

プロの彫師(っていうのか?)によるデモンストレーションもあり、




コワイって・・・

コンテストには漏れたが、巨大なパンプキンがでででーんと並んでいたり。

この巨大さは、左スミにいるおばさんと見比べてもらえればw

バンドによるコンサートもあるし、
カッコイイおっちゃん達
(多少酔っぱらってそうだけど)


もちろんアート作品も。
壁一面使ったギャラリー

ガラス工芸のカボチャ。
カワイイ。

ハロウィンの次はクリスマスだから?
オーナメントショップも。



その後、コスチュームコンテストパレードを見て、
よくわからんのもいれば

熟女の姫もあり、

オズの魔法使いとか

スポンジボブさんも。

思った以上に楽しかった!

パレードに参加してる人達が観客の子供たちにお菓子を投げるの。
子供たちがわーーっと走って取りに行ったり、大人も思わず頑張ってキャッチしちゃうw
ま、取るだけ取って、近くにいた子供にあげたけどね。
取るのが楽しいんですw


後から知ったけど
手を使わずにパンプキンパイを食べるコンテストもあったんだって。
これ、参加したかったなw


せっかくハーフムーンベイまできたのでマーヴェリッックスも見に行ってきた。
もちろん、あんな巨大な波は無かったけど、ハーフムーンベイの海岸では
手頃なサイズの波がブレイクしていて、ワタシぐらいにちょうどいい波が来ていた。




だが、もちろん、超冷たかったよ。


←この写真の
丸いレーダーがある丘の左がマーヴェッリクス。


近くまで行ってみた。
←この奥がマーベリックス

おそらく右の丘から撮った映像がこちら



それと同じとは思えないほど穏やかな今日の海
穏やかー

映像みたいなマーヴェリックスを一度見てみたいねぇ。
寒そうだけどw



帰りはちょっと渋滞したけど、来てよかった!

しかし、今朝ハワイから帰ったばかりの身には眠いぜ!w
2012年10月06日
今週末のサンフランシスコはイベントいっぱい!
Fleet Weekだし、SFジャイアンツのプレーオフ第1試合めがあるし
アメリカズカップというヨット?の大会もある。
町中に人がいーーーーーっぱいになるよ!
渋滞もすごいよ!

といろんな人から教えてもらっていた。

だが、今日のサンフランシスコ観光は前から決まっていた日だったのさ。
アルカトラズ島のチケットも1か月前から予約していたしね。


ハワイ旅行中の義両親が、大きな寄り道で
今朝、サンフランシスコへ到着。

サンフランシスコ空港でピックアップして、
サンフランシスコ市内へ。

渋滞や、駐車場など心配していたけど、
まだ時間が早いからなんの問題もなくスイスイ。
良かったー。

アルカトラズ島へのチケットは事前に予約していて
11時のフェリーまでまだ時間があるので、フィッシャーマンズワーフを観光。
あのカニの看板


シーライオンドックには今日もいっぱいのシーライオン。
今日もくっついてる

癒されるわー、この顔w

そしていよいよアルカトラズへ。

この船に乗ります

本当に小さい島だねぇ。

近づいてきた!

船を下りて、丘の上にあるセルハウス(監房)に入ると、
オーディオガイドを貸してくれます。(日本語あり)
そのガイドに従って見学できるんだけど、これがなかなか面白い。

  




ドラマや映画で見ていたアルカトラズ。
実際に来ることが出来て感激。
いやー 面白かった!



と、外に出てみると、ものすごい轟音。
なんだろうと思ったら、アクロバットな飛行機のパフォーマンス。
航空エアショーが始まっていたのでした。
カメラを構えてる人多し。


うぉー

ひょーっ

はぁうわーーーっ


サンフランシスコの街並みをバックに
おおおーーっ


ブルーエンジェルス
◎▽xくわjp#・・・



すごい迫力!
しばし時間を忘れてじっと見てしまった。

先に出ていた義母によると、B-2 Bomberを見たらしいのだが
ワタシ達は見逃してしまった。
悔しいぃー。


初めて見た航空ショー。
すごい迫力で興奮したなぁー。
そういや、うちのイトコもブルーインパルスにいたっけ。
彼はもう引退したかな?

一度日本でも見てみたいな。

こんな日にサンフランシスコに来れてラッキー☆

朝から盛りだくさんで充実の一日でした!
2012年09月30日
日曜日の朝はフレッシュマーケットに行きたい!
と、連れて行ってもらった。





 
オーガニックの新鮮なお野菜や野菜がたくさん!
もちろん魚やハム類、お花やお惣菜もあったよ。
すっかり空は秋。

日曜の朝9時から人もたくさん。
みんな週末の楽しみの一つなんだろうね。
買い込む気満々で、自前のカートを持参して臨む人の多いことww

季節柄こんなのも

大好きなレッドグローブ





今日の一番!

あ、これも一番!

こちらはシーフード屋台

メニュー

クマモトを2つ。
美味しい♪

オッサンはここに来て生ガキが食べられるようになりました。

試食もさせてくれるし、はかり売りで好きなだけ買えるし
楽しくてついつい買いすぎちゃった。
つか、もっと買いたかった。

大きいキッチンの家だったらあれこれ買い込んで調理するのになー。
やっぱりホテルのちっこいキッチンは使いにくい。
余談だが、ホテルのキッチンには換気扇が無いので
炒め物や焼き物ができないんだよ・・・(−−;)


昼からはちょっと丘を越えて郊外のアウトレットへ。
ギルロイという街です。


ここは御殿場や佐野と同じ系列のアウトレット。
145のショップがあり、広すぎて全部は見て回れない(^^;
Mapをもらって狙いうちで移動していかないと効率がわるいんだけど
オンナの買い物がそんなに思い通りに行くわけがない。

案の定あちこちに寄り道寄り道して疲れ果てて
何が欲しかったのかわからなくなっちゃった。
歩き回った割には買ったのはカーディガン一枚だけ。9.99ドル。
安いなw

昼食は遅くなってしまったため、
行きたかったお店はランチタイムが終了してた。
ギルロイという町は、ガーリックの生産地で、
ここを通るたびにガーリックの食欲をそそるいい匂いがしてたのです。
だから絶対ガーリックが食べたかった。
のに、ランチタイムのことを考えて無かった!忘れてた!
昨日も同じようなことした気がする・・・。

しかしこういう時に役に立つのがインターネット。
iPhoneで調べてYelpでクチコミの評価が高いところへ向かう。
なんてことのない、普通のドライブインにある
プレートランチ屋さんでポークとビーフをそれぞれ1つずつ。


これはポーク
あれ?あんまりガーリックきいてない・・・
と思ったら自分でガーリックソースをかけるのね(^^;
でも、実はガーリックソース無しでも十分美味しかったりして♪


もちろんこれがメイン商品w
束でどーん


ビーフもポークもやわらかくて美味しかったよ。
Yelp、めっちゃ使えるな。
2012年09月29日
週末の天気予報は晴れ。暑くなるみたい。
シリコンバレーの朝はいつも寒いくらい(12℃前後)なんだけど
日中はだいたい25度くらいで夏日のような陽気。
この週末は30度越えになるようなので、ドライブ日和だね!
と、滞在中の楽しみのひとつでもあったサンタクルーズへ向かった。



1時間ほどでサンタクルーズには到着したけども。




さ さ さ さ さ 寒 い !!!!!!((( ;゜ Д ゜)))


そういや昨日、バービーが
沿岸部(コーストライン)とベイエリア(シリコンバレーあたり)
10°Fくらい違うって言ってたっけ。
さらに丘を越えると(インランド)10°F違うって。
沿岸部から内陸に行くごとに少しずつ暖かくなっていくわけ。
10°Fって言ったら摂氏で言ったら約5℃前後よ。
そりゃ寒いはずだわ。


ライトハウス前でキッズの大会(サーフィンのね)を
やってたので見たかったのだけど、あまりの寒さに外に出てられない!
シリコンバレーの朝の寒さの比じゃない!
本格的な冬物の上着が必要だよ、これ。

というわけで、後で行くつもりだったpatagoniaのアウトレットへ。

この冬使うものを買うつもりだったのに、まさが今すぐ使うことになるとはw

アウトレットだけあって、サイズがあればとてもお買い得♪
ただ、日本女性にはXSでも大きい場合もある。
実はジュニアサイズが一番合うんじゃないだろうか・・・。

あと、お買い得と言っても元が高いから割引されてて
あと円高の力を借りて半額ちかくになっててもやっぱりそれなりのお値段。
ユニクロなら全身そろえてもまだおつりがきそうだぞ。

今日、今、この寒さをしのぐために、と買うにはちょっと勇気がいって
なんだかんだで1時間半近くも粘って考えて購入してしまったw

そうこうしている間に日が出てきて少し寒さもマシに。
おっと。何のために買い物したんだ(苦笑)

大丈夫、晴れてはいても、海側はまだまだすこぶる寒い。
薄めのダウンを着てちょうどいいくらい。
なのに日差しは強いから日に焼けるったらありゃしない。

寒さが伝わらないなぁ





面チュルで気持ちよさそう。
サーフィンしたいなぁー。うずうず。

しかしアラスカからの冷たい寒流が流れ込むこの海。
冷たそうだなぁー。

良い波だよー。

女の子の組かな?

友達応援団や、

お父さん達の応援がアツイww
こんな小さい時からこの海でサーフィンしてんだもん。
上手くなるはずよねぇ。






見とれちゃうよね

ライトハウス


さて、サンタクルーズを十分楽しんだあとは
もう少し南下して、モントレーへ。

かつて、カリフォルニアがスペイン領だったころ、本部が置かれていたのが
このモントレーの街だったらしい。
スタインベックの小説で舞台になったことも有名なようだけど
どっちも知らなかった(汗)
こじんまりとした港街だけど、雰囲気はいいよ。




フィッシャーマンズワーフの中でお昼ご飯。
と言っても、既に15:30過ぎ。
店先でクラムチャウダーの試食を、
たいてい、どのお店でもさせてくれるので
試食で気に入ったお店に入ることにした。

外観

ら、思ったよりも単価の高いお店だった。
クラムチャウダー
これが濃厚で美味しかったーー!!

ムール貝も濃厚!

イカエビどっさり
どれも、すっごい美味しかった。
アメリカにしては珍しくパスタも美味しかった。
ボリュームもすごい!

食後はまた移動。
今度はカーメルという街に。

ここはクリントイーストウッドが市長を務めたこともあるんだそうな。

街並みがカワイイ。
画廊が多い



こちらはホテル
童話の世界そのままな感じ。
とくに何があるわけではないんだけど、この街はまた来たい。
このうまく言えないんだけどすごく癒される街だった。
ネオンや信号、ファーストフード店など、見慣れたものがないのがいいのかな。
なんにもすることもないんだけど、
ぜひ1泊くらいしたいと思わせる不思議な街だったなぁ。

図書館
ここ、なんかスキ。
こんな図書館で一日中、本を読んでいたいなぁー


カフェか画廊か
レストランなのか、いや、一般民家なのかわからないけど、カワイイ建物だー。




シリコンバレーに戻ってきてつくづく思ったのは
コーストラインは、シリコンバレーとは全然違う雰囲気だった。
住むならコーストラインがいいな。
アメリカに来てるって気になるw
シリコンバレーはどっちかっつーとアジアだよ。
シンガポールあたりだと思うとちょうどいいかも。

ってYちゃんが言ってたのがよくわかる。
2012年09月23日
深夜2時に目覚ましをかけて星空を見上げてみた。
漆黒の闇のなかに星だけが瞬いていて、
流れ星なんて当たり前のようにびゅんびゅん見れるし、
目の前にある物も、自分の足元さえも本当に存在してるのか
分からなくなるような不思議な感覚だった。
自分も宇宙の一部なんだなぁ。

だが夜はやはり怖い。
夕方にアライグマやコヨーテや熊を間近に見ただけあって
どうしても考えてしまって怖くなって
10分ほどですぐに再びベッドへ。

夜が明けて。
朝食はバルコニーで川のせせらぎを聞きながら。
いいねぇ。


チェックアウト後、今日は巨大なセコイア杉の森、マリポサグローブへ。

の、前にブライダルベールフォールを間近で。

これも水量の多い春の様子も見たいなー。

さて、マリポサグローブまでバレーからは車で南へ1時間半くらい。
ぐねぐねの山道をまたもや1時間半。

の、前に今日もトンネルビューポイント

音を遮断してこの景観を堪能したい。


公園南入口まで行ったが満車だったので、ワウォナまで戻り
ワウォナストア前に駐車して、


ここからシャトルバスで

森の入口まで行きますよー。



50セントの地図とパンフレットを買って散策スタート。


遊歩道

山火事のあと



巨木の根からリスが顔を出したりしてディズニーの世界みたい。


根も巨大





グリズリージャイアントと呼ばれるこの木。

マリポサグローブの森の中で一番大きな木で周囲がなんと28メートル以上!
推定樹齢は1800年とも2700年とも言われているけど
どっちが正しいのかイマイチわからないw


トンネルツリー。




そしてここから思ったよりも本格的なトレイルコース。

遊歩道をのんびり歩いて終わりだと思っていたのだけど
やっぱりここまで来たのだから、初代トンネルツリーが見てみたい、と
1968年の冬に音もなく倒れたといわれるFallen Tunnel Treeを見るために
えっちらおっちらと森の奥まで歩いて行った。





しばらく歩いてたどり着いた。
これがこれだったトンネルツリー。



静かに横たわっております。


1時間半ほどのトレッキングで良い運動になりました。
帰りはトラム(片道9ドル)でのんびりと帰ってきたけどww





ここの木々はもう何世紀もこのまま。

倒れている木でさえも、その巨大さゆえに土に還るまでは何世紀もかかる。


ヨセミテに来て自然の、というか地球の歴史の壮大さに圧倒された!
来てよかったー。



帰り道は19世紀にタイムスリップしたかのような田舎道を抜けたり
本当にトムソーヤが出てきそうだった
制限速度が110キロの一般道を横切ったり
見渡す限りの荒野とか、見渡す限りの農場とか
無数の風力発電の風車をみたり、渋滞したりして帰ってきた。



走行距離 511.5マイル。


オッサン一人の運転大変だったね、ありがとう。
お疲れ様でした!



そういえば、ヨセミテとシリコンバレーの気候がどう変わるのか
まったくわからなかったのだけど、この二日間は暑くて
シリコンバレーもヨセミテも半袖+短パンでいられたよ。
虫よけは必要だけどね!

2012年09月22日
滞在中に遊びに行けるチャンスは数少ない。
だが、行きたいところは山ほどある。
では、もう週末はとにかく遊びまくろう。

ということで第一弾はヨセミテ国立公園。

ハイウェイを通り、


荒野を抜け


田舎道を通り、


山道になってもまだまだ。


まだまだ



やっと入口に到着。


しかし、ヴァレーの中心にあるビジターセンターまではまだまだ。


だけど、すでにこんな絶景がいくらでもあるので
ついつい止まってしまう。



エルキャピタンが見えてきた!


奥にはハーフドームも!!


これを見て、ヨセミテに来たなぁーーっ!と興奮しきり。


やがて、ようやくビレッジの駐車場に到着。
さて、これからどうしよう?
どこから見たらいいんだろう?

まずは木陰で持参したおにぎりでランチを取りながら
ガイドブックを見る。(ここに来ていまさら)

そしてインフォメーションセンターに立ち寄るも、
混んでたので何にも聞けず、ひとまずビジターセンターへ向かったが

↑ビジターセンター外観

ここでもたいしたことが聞けず、とりあえず
外の案内表示に従ってヨセミテ滝を見に行こうと歩き始める。

この目の前にそびえたつ巨岩がそれとわかるまでは少し時間がかかった。

そうか、この時期はもう滝が干上がってるんだね。
滝が流れてる季節だったら見つけられないなんてこともなかっただろうにw


水がなーい



ゆっくりと時間の流れるような森の中を15分程度歩いただけで、
おそらく春には轟音がするロウアー滝の滝つぼに到着したけど、
ぜーんぜんイメージと違ったw
水がなーいっっ


やっぱり来るなら春なのかなー(苦笑)

駐車場に戻る間にリスや鹿に遭遇。
リスは本当に多いね。
ここは鎌倉か?町田か?っつーくらい
(こっちの方が断然多い)
鹿も観光客に慣れちゃってて、この距離でも平然としてる。


さてさて、まだ時間もあるし、このあとどうしよう?
先ほどガイドブックで予習した、グレイシャーポイントへ移動してみようか。
再度インフォメーションに聞くと、車で1時間くらいだという。
4マイルトレイルというルートで歩いてもよかったんだけど
さすがに帰りが日没後になるのは怖いしなぁ、ってことで車を選択。

有名なトンネルビューポイントで
マリポサ大隊が天国の門の前に来たかと見間違えたという
峡谷の眺望を見て溜息をつき、

写真じゃ伝わらないのが残念(涙)

そしていよいよ、ぐねぐねぐーるぐーると深い山道を通って
(それでも制限速度が60キロという、恐ろしい道w)


写真には撮れなかったけど、コヨーテに出会ったりしながら
途中のWashburnというビューポイントに立ち寄ると、すでに肌寒い。

ここからはネバダ滝とヴァーナル滝が見えた。
あれ?ハーフドームがひよ子に見える・・・



グレイシャーポイントの駐車場から見えるハーフドーム

やっぱりひよ子に見える・・・

目的のグレイシャーポイントではひよ子に見えるけど夕日にあたる絶景で息をのむ美しさ。
しばらく見とれてしまって、そこから離れられないでいてしまうほど。


うーん… やっぱり写真ではとうてい表現できず、納まりきらない感動。
すごいよ。

ひよ子に見えるので、こんなこともしてみた。

ちなみにワタシ、ひよ子も鯛焼きも頭から食べます。


まだまだここにいたいし、星空もここで見たいけど
駐車場のすぐそばでブラックベアも見たし、帰りもコヨーテを見たし
やっぱり夜はちょっと怖いね。


日もどっぷり暮れてホテル到着。

気のせいか、シリコンバレーのホテルより広い気がする。

広いジャグジー。

やった!やっとお風呂に浸かれるぅー♪


夕飯はピザ

The River Special    Sサイズ14.50ドル
チキン、オニオン、マッシュルーム、ガーリック、アーティチョークなどが入っております。


お部屋はリバービューにしていて、バルコニーがあるので
夕飯はホテルの中にあるピザ屋のピザを部屋に持ち帰ってバルコニーで食べた。
川のせせらぎが気持ちいい。
これも春だと水量が多くてごうごうと轟く音なんだろうな。

バルコニーから見るだけでも星空はすごい。
見とれてると、アライグマに遭遇。
目の前を通りすぎていきました。

今日の動物遭遇率、高すぎww
2012年09月16日
約10時間のフライトで
やっとサンフランシスコに到着ー(^▽^)ノ

出発は遅れたはずなのに、到着時刻は定刻通り。
フライトマジックw

入国審査では思った以上に色々聞かれた(^^;

観光だって言ってるのに
滞在期間が67日という中途半端な日数なため、怪しかったんだろうなぁ(苦笑)

なんで67日なの?とか夫のところに行くんだよ
どこ行くんだ?とかサンノゼです。
夫は何してるんだ?トレーニングを受けてる。
どこの会社だ?○○です。
お前は働いてないのか?主婦です。

等々(本当はもっといっぱいあった)。
あぁぁ、少しでも英会話に行っといてよかった!
パニックにならずに済んでよかったよw

しかしその後も、荷物に食品を含んでいるため
申告書の「持ち込んでる」にチェックしたから
荷物の開示を求められ、開いて見せて、
もちろん持ち込み禁止のものは持ち込んでないけど
検査員が日系の人だったので、ほらね、大丈夫でしょ、と言って
ついでに持ってた飴ちゃんをあげたら喜んでたw

そんなこんなでやっとオッサンと合流。
一人で国外に出るのは初めてだったけど、なんとかここまで来れたよー!
飛行機に乗っただけだけどw

この時、日本では深夜1時か2時くらい。
しかし、こちらはまだ午前9時とか10時。
眠いけど、後々の時差ボケ解消のため、夜まで頑張って起きてないと。

と、いうわけでまずはサンフランシスコ観光。
フィッシャーマンズワーフエリアのピア39。
BOUDINであのクラムチャウダーを食べる。
でかい。

サンフランシスコは寒くって、すでに真冬の装いの人も。
特に海沿いは寒いからクラムチャウダーの暖かさにホっとするね。

食後は寒いけどお散歩。

フライト酔いなのか、ふわふわして
頭もぼんやりてるけどまだまだ頑張る。

ピア39のシーライオンドック

今日は少なめ

仲良し

と思ったら、このあと蹴落としてたww


むこうに見えるのはアルカトラズ島

水族館前。
まだ元気だね。
しかし、この後。

ゴールデンゲートブリッジ。

このゴールデンゲートブリッジの麓のあたりに行った時が
眠気と疲れが一番ピークだったかな。
寒かったし、公園に着いても外に出ずに車から降りなかったw

ホテルに向かう道中、少し寝ようかなーと思ったが
渋滞してるせいか、オッサンもよう喋るので結局眠れなかった。

ホテルに到着してもまだ16時。
軽く荷解きをして、また出かける。
オフィスの前を通って、日系スーパーで、お寿司のお弁当を買って
今日の夕食はこれでおしまい。

横浜の自宅を出てから25時間。
21時まで頑張って起きてたけど、もう限界。
おやすみなさーい。
counter
2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
過去ログ
最近のコメント
寝起きの人見知り
⇒ はに (12/24)
寝起きの人見知り
⇒ しぃ (12/14)
音の違い
⇒ はに (08/09)
1歳
⇒ はに (08/09)
音の違い
⇒ kaaks (08/08)
1歳
⇒ kaaks (08/07)
寝相
⇒ はに (05/21)
寝相
⇒ Kaaks (05/16)
寝相
⇒ はに (05/16)
寝相
⇒ Kaaks (05/13)
カテゴリ
携帯用ページ
リンク
ブックマーク
Powered By
MovableType