2015年07月17日
夜中の咳がひどくて、腹圧がかかるのが心配。
お腹も頻繁に張ってる気がする。

あとちょっとで出産(手術)なのに、
もしも先に破水なんてことになってしまったら
緊急入院?! 緊急帝王切開?!
そらエライこっちゃ!それは避けねば。

ひとまず咳を止めたい。
そしてこの張りに恥骨痛、足のつけ根の痛み。
36週に入ったし、多少はもう
赤ちゃんが降りてきてるんだろうけど、
手術まで大丈夫なんだろうか、
なんか色々心配になってきたので
朝イチで病院へ電話して、予約してないけど
診察してもらうことにした。


だが、肝心のNSTの時には、
たいして咳も出ず、お腹の張りも遠のくという・・・(汗)
そのため、全く問題ありません!
と言われてしまった・・・
あ、あれ?!(´∀`;)

内診でも子宮口は閉じてるし、
子宮頸管長も3.5cmあるから大丈夫、と。

それでも夜中の咳と張りは辛いし
咳止めと張り止めの薬が欲しいと訴えた。

しかし、
咳止めは出すけど、
張り止めはもう飲まなくていい、とのこと。
理由は張り止めの薬を飲むことで
陣痛や胎盤剥離を見逃すことになりかねないから。

なるほど。

手術の日までは持たせたいけど
もう36週だから、じゃんじゃん張っちゃっていいよ、
だって。

いいの?!


あとは破水に気を付けるだけなんだけど
って、どうすりゃいいのよ?!
咳込んだり、くしゃみで尿モレするんだけど
ちゃんと区別つくかなぁ・・・(^^;


ま、ひとまず咳止めの薬をもらえて
ひと安心。

はやく治さねば。
この記事へのコメント (0件)
※ 投稿後にコメントが表示されない場合はブラウザを再読み込みして下さい。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

URL:

コメント:

counter
2015年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
過去ログ
最近のコメント
カテゴリ
携帯用ページ
リンク
ブックマーク
Powered By
MovableType