2014年06月25日
旅行中だけど、国内なので、
もちろん朝5時に起きて日本VSコロンビアの試合を見たよ。
世界の壁の高さを感じたなぁ。
すっごく悔しいけど、これが現実の実力差なんだろう。
お疲れ様でした、次に向けてまた一歩踏み出しましょう。


高知を出て、今日は愛媛へ。
ちなみに今日の朝食は移動中に軽食を。
本当は今日もうどんが食べたかったぜ(笑)

最初に立ち寄ったのがタオル美術館ICHIHIRO


チケットを買うと記念品のハンカチタオル付



それでは行ってみましょうー。

糸をつむぐところから織り上げるまでのデモンストレーション機があり
  





実際にこのデモ機で織ったムーミン展のながーーいタオルも。
これ、タオル

ムーミン好きにはたまらないムーミン谷の世界がカワイイ。

ムーミン展以外にもタオルアートや骨董展なども展開していて
見応え充分。
特に桐嶋洋子さんの骨董展は、
桐嶋洋子さんがひとつひとつに解説を書かれていて
骨董品はもちろんだけれども、その解説がとにかく面白い。
さすが作家さんだなぁ。

美術館だけでなく、レストランも併設、
さらにタオルだけではなく、四国、愛媛のお土産物も販売していて
なるほど、ここは愛媛の観光地なんだな、という印象でした。

お腹がぺっこペコだけど、先へ進みます。
この旅、一番たのしみにしていた渦潮体験♪

今治市内からしまなみ海道を通って大島へ。
途中、ドラッグストアで酔い止めの薬も買って。

次の出航まで時間が時間があったので
腹ごしらえに道の駅よしうみいきいき館でランチ。

ワタシは今治のB級グルメ、焼豚卵飯を。
こちらのお店はいくら乗せ。

ぷるっぷるの卵をめくると焼き豚びっしり。
甘辛ダレなのもイイ
こりゃもう絶対に美味い☆
ジャンクだけど、箸が止まらん美味しさでした!

オッサンは鯛茶漬け。



これも間違いない美味しさ!

満足☆

さて、いよいよ。
うず潮体験ー(^▽^)ノ


この船です
あれ、貸切?!

平日の昼間ってこともあって船は貸し切り(笑)
船長さんに、二人だけ?と聞かれてしまった。
こっちが聞きたいよ(笑)
救命胴衣を着て、出発。



来島海峡大橋を下から。
ペラペラに見えるけど、あの上を車が通ってるんだよねぇー。

この海峡ではあっちこっちでうずが発生してるんだけど、
船長さんが大きいうずが発生してるポイントへ連れて行ってくれる。
うわぁーーー
すごいすごい!
うおー、本当にうずだ!すごい!
船がエンジンを切ると、船ごと船尾からうずに巻き込まれていくー。

うず潮を見るだけでなく、近隣の島の間を遊覧。
水軍の本拠地だった島や砲台の残る島なども近くから見て回れる。



そして今治と言えば造船所でも有名。


こちらは今日、進水式をした船なんだって。
この船を

よく見ると
これ!
紙テープがまだ錨に絡まってる。
わー☆進水式、見たかったー!

約50分の遊覧観光でした。
天気も良かったし、楽しかったー!!!!

この後は松山城へ向かう。
が、途中の道の駅で諸事情あってちょっと時間が押してしまった。

間に合うかな?
ギリギリ間に合いそう。

松山城は駐車場から徒歩2分のところにロープウェー乗り場があり
そのロープウェーに乗って上がっていくのです。
リフトもあるよ(遅い)

閉館時間まで1時間足らずなので、駆け足で見学。
ついた!

じっくり見たいのに、時間がないー。


なのに、甲冑が着れるコーナーがあったりしたら
そりゃ着るでしょ。
重い、暑い。
足具は付けなかった。

閉館ギリギリまでしっかり楽しみました。
ゆっくり見たかったけど、まず、来れてよかった!

色々焦ったり、走ったりで軽く汗をかいたし
宿でまずは汗を流したい。

今宵は道後温泉、花ゆづきに泊まります。
お部屋の窓からは道後温泉本館が見える。

オッサンは写真を撮りに行ってくる、といってたけど
ワタシはまずはお風呂だ!

汗を流してサッパリ。
そんで浴衣のまま、温泉街を歩くのさ♪

夕食は道後温泉本館前を通って


この前から連なる商店街、
道後ハイカラ通り味倉へ。



まずはビールと愛媛名物のじゃこ天
これが食べたかったー!

そしてホウタレイワシの天ぷら
美味い!

イワシって美味しいよねぇ。
おにぎりで見た、ホウタレイワシのお刺身も食べたかったなぁ
けど、メニューになかった。イワシフライ丼も(涙)

シメには南予風鯛めし。

つまり、
鯛TKG!!


ワタシは山かけバージョン


贅沢!
これはもうごはんが止まらないね。
お腹パンパン。

今日も一日ごちそうさまでした!

ライトアップされた道後温泉本館。

雰囲気あっていいねぇ。

道後温泉本館も入って中をみたかったけど
いずれまた来たい、の、宿題に残しておくことに。

そしてワタシは部屋に帰ったらそのまま倒れこむように
寝てしまいました、とさ。(後日談)
この記事へのコメント (0件)
※ 投稿後にコメントが表示されない場合はブラウザを再読み込みして下さい。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

URL:

コメント:

counter
2014年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
過去ログ
最近のコメント
カテゴリ
携帯用ページ
リンク
ブックマーク
Powered By
MovableType