2013年06月10日
昨夜、アミノ酸を飲んで寝たせいか
昨日の疲れをそれほど感じずに朝一サーフ。
やっぱり朝サーフィンすると気持いいねぇ。
筋肉痛だけど、それも心地いい。

しかし、朝食を食べたあと、
どっと疲れたというか眠気が襲ってきた。

移動する車の中で寝ていいかな、
なーんて思っていたけど、案外すぐ到着。

やってきたのは
パールハーバー。


今回は戦艦ミズーリ記念館だけの見学だけど
次回、機会を作ってアリゾナ記念館やボウフィン潜水艦記念館、
太平法航空博物館なども見学したいなー。

広い駐車場なのに、ほぼ満車。
なんとか止められる場所を探して、ビジターセンターへ。
中に入るには、荷物制限があるのです。
貴重品とカメラ、携帯電話以外は持ち込めない。
ポケットに入るモノ程度しが持ち込めない、が基準なのかな。
おかげで、ポケットぱんぱんw

チケット($22)を買って、シャトルバスに乗り込み、
フォートアイランド内へ。

バスを降りると迎えてくれる、戦艦ミズーリは巨大。

カメラに収まらない

乗艦前にチケット窓口でオーディオガイドを申し込み、
音声ガイド器を借りた。

・・・んだけど、
これ、結構重いw


HAWAII FIVE-0の第1話でスティーブが州知事に呼び出されて待ってたのがこの位置。


スティーブがチンに声をかけられたのはこの辺かな?
いや、お土産の売店の近くだったかも。(ここはスナックコーナー前)

乗艦前の説明を聞いてから、いよいよ乗艦。

すると、日本人のガイドさんがスタンダードガイドツアーを勧めてくれる。
これはチケット代に含まれているので、是非利用しよう。


事前にあった戦艦ミズーリについての知識は
この艦内で太平洋戦争での日本の降伏文書調印が行われた、
という程度のことしか知らなかった。

しかし、実際に行って聞いてみると、日本人としては色々重いよ。
日本が真珠湾攻撃で沈めた戦艦アリゾナはいま
この戦艦ミズーリと向き合うように余生を過ごしている。
戦争の始まりと終わりの証人が向き合ってそこにいるのだ。

調印式が行われたまさに、その場所にはプレートがあり
ここがその場所
当時のアメリカ側の調印式に対する演出や思惑なども知ることができる。

調印文書のレプリカ


また、神風特攻隊機が衝突した跡なども
生々しく残っており、日本人としては複雑で胸が苦しく、苦い気持ちと
改めて戦争の愚かさや平和のありがたさを感じる。

30分ほどのガイドツアーのあとは、自由に艦内を見て回ることができる。
ここでようやくオーディオガイドが活躍。
艦内

操舵室内

しかし、終盤、だんだん眠気と空腹で機嫌が悪くなり、
オッサンに八つ当たりし始めて(ごめん)
艦を降りることに。


ランチ

バトルシップのボトル


いやぁ、来てよかった!


午後はパールリッジショッピングセンターへ。
ここも前から来たかったところなんだけど
前日の疲れか、やたら広すぎるからか
あんまりお買い物モードにならず、さーっと見て回るだけで終わらせちゃった。
またの機会にじっくり見に来るかも。


夕飯はヤードハウスのハッピーアワーを利用して。
18:00までだと思ってたら17:30までだった。
おお、危ない。急いでオーダーしちゃおうー。

ベルギービールのサンプラー
とか。


カリフォルニアロールをオーダーしたんだけど、
ロール?

ロール、じゃなくて、丼、だねw



お腹いっぱいになってお店を出ても、まだ日があとちょっと明るい。
義両親は明日の朝には帰っちゃうので、名残惜しく、
2階建てバスでぐるっとドライブしてきたよ。
夜風が気持ちいいねぇー
この記事へのコメント (0件)
※ 投稿後にコメントが表示されない場合はブラウザを再読み込みして下さい。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

URL:

コメント:

counter
2013年06月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
過去ログ
最近のコメント
カテゴリ
携帯用ページ
リンク
ブックマーク
Powered By
MovableType