2012年10月20日
さぁ、今日はロングドライブ。
そしてワタシも運転します!

走り始めて10分ほどで、出てきた出てきた
サボテン!
わははー 砂漠ぽいなぁー

砂漠というか荒野を互いに運転も交代しながら、
飽き飽きする程走って走って(途中でランチもはさみ)
最初の目的地、ダイナソートラックスに到着。
こちらですよー

駐車場に車を止めると、
ナバホ族のおばあちゃんが、
「戻ってきたのー?」と声をかけてきた。
きょとんとしてると、
「あ、間違えた。さっきの子達かと思った(苦笑)」
なんとも可愛らしい。

そのままそのおばあちゃんが案内してくれた。


こんな不毛の地のようなところだけど、
ジュラ紀には沼地だったようで、恐竜の足跡が
たっくさん残っている。
わかるかな?

前を行くおばあちゃんが

教えてくれたのは
2つの足跡

ズームアップ
母と子の足跡(らしい)

これは翼竜の翼部分(らしい)

ウンチもww

「日本語でなんていうの?」と聞かれたので
「うんちw」と教えてあげた。
これを繰り返すおばあちゃんがもう可愛くてw

ワタシはすっかりこのおばあちゃんが気に入ってしまった。
ここはちゃんとした公園でもないので、
決まった料金などはない。

なので、おばあちゃんにチップという形で払うのだけど
相場がまったくわからない(汗)

10ドルを渡したけど、これでいいのかどうかもわからず、
おばあちゃんが作ったというジュエリーをひとつ買うことにした。

しかも、結局これも気に入ったものが5ドルくらいのもの。
ごめん、おばあちゃん。
金にならない客で(汗)

高価なものではないけど、ワタシにとっては
とても大切な宝物のひとつになった。


他のとこから買うより、おばあちゃんから買った、ってことが大事なのよ、うん。

ちなみに突然だが、余談。
ナバホ族とはアメリカ最大の人口を持つネイティブアメリカンで
このあたりはナバホ居留地(ナバホネイション)になる。
ナバホ居留地は、アメリカが認める「独立国」で
独自の法律も国旗も学校も警察も裁判所もあるのですよ。
ナバホネイションは東北6県ほどの広さで
モニュメントバレーもそのなかにあるのです。



おばあちゃんにこのあとモニュメントバレーに向かうと言ったら
この先でお祭りをやってるから渋滞してるよ、と教えてもらった。


車窓から。
だが、たいした渋滞ではなく、
それより、とても賑わっていたので、
このお祭り、ぜひゆっくり見てみたかったなーーー!


先を急ぎます。


またまたうんざりするほど走っていくと
だんだん景色が変わってきて
それっぽいビュート(岩)がでてきた。


きたか?


きたっぽい!


きたきたーー!

あれだね!

ちなみにここはユタ州との州境。
ユタ州に入りました

ホテル到着

なんとか夕日に間に合った!

ホテルの部屋からの眺めが最高★
部屋から

この眺望!


ちなみに部屋はこんな感じで



フロントはこんな感じ。



随所にナバホデザインのインテリアでカワイイ。


日が暮れてしまうと、他に何もすることがない。
ので、ちょっと早いけど、今日はとっとと寝てしまうことに。
オヤスミー。

この記事へのコメント (0件)
※ 投稿後にコメントが表示されない場合はブラウザを再読み込みして下さい。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

URL:

コメント:

counter
2012年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
過去ログ
最近のコメント
カテゴリ
携帯用ページ
リンク
ブックマーク
Powered By
MovableType