2011年06月25日
病棟の起床時間になるころには
暑苦しさも息苦しさも収まっていた。

まず最初に外してもらったのが酸素マスク。
これがねぇ、もうねぇ、うっとうしくてねぇー。
自力呼吸できてたけど、酸素で回復力アップ?
を狙ってたんだとしたら、と思って頑張って外さずに一晩越した。


検温して血圧を計って採血。
そして朝食が出されたんだけど、起き上がれない。
ベッドの上半身を立てて、ムリヤリ体を起こしたけど
傷は痛いし、頭はフラフラするし、自力で座っていられない。
もちろん朝食も食べる気にならない。
それよりも喉が渇いた。

おかゆを一口と牛乳を一口。
これ以上はムリ。
早く横にならせてー。

やっと横になれたと思ったら、
今度は尿管を外して、体を拭いてくれて、着替えさせてくれた。
T字帯についていたナプキンにはけっこうな出血が。

トイレに行きたくなったら教えてくださいね、といわれたので
ナースコールで呼ぶと

はい、じゃ、ベッドから降りて自分でトイレへ行ってください、と。

ええーーー!
もう手助けナシ?!

恐る恐る、そしてのろのろと体を起こして、ベッドから降りる。
ふらふらで歩けない。
いや、歩くけども。
看護師さんが後ろをついてきてくれるけど、
ついてきてくれるだけ。
用が済んだら、またナースコールで呼び、
看護師さんに付き添われて
昨日手術前までいた病室のベッドに戻る。

やっと横になれる。
痛いのと、しんどいので、もうなにがなにやら。


病室で横になってると、今度は担当の先生が。
もう歩いてトイレ行ったんだって?さすが普段から動いてる人は回復早いね!
とニコニコと仰ってくださったけど、いや、その、思った以上に辛いんですけど。

昨日のこと覚えてる?と聞かれたけど、
正直ほとんど覚えていない。
ワタシが個室で目を覚ました時、先生も横にいたらしい。
いや、そのまえに手術室から出るときにすでに麻酔から覚まして
会話をしていたらしい。
全然覚えてないんですけど!


先生の説明は以下の通り。
手術は5時間ちょっとかかった。
手術室を出るまでは6時間弱くらい。
全部で3個の筋腫は全て取ったが、
最後の1つが奥のほうでなかなか見つけられず、
急遽、超音波等を持ち込んでやったりしたから時間がかかったけど
ちゃんと全部取れたから安心して。
出血は500mlくらいだったけど、自己血は使ってない。
でも、いまちょっと貧血気味だから、自己血を戻すね。
子宮頸がんの細胞診も取ったし、卵管の色素検査も問題なかったよ。


そうですか。
先生方も6時間もお疲れ様でした。ありがとうございます。
でも、しんどいので、寝たまま聞いてしまってすみません。

事前にとっておいた自己血をこんな形で自分に戻すとは思わなかったw
でもたしかにおかげで、少しフラフラが収まったかな。

それから、痛み止めが内服薬になった。
昼は、朝に比べて少しは量は食べれたけど、
全体の3分の1くらいしか食べれなかった。
夕食も半分までは食べれなかったかな。
このワタシがw

ちなみにこちらが昼食
ほとんど食べられなかった

そして夕食
おひたしとお吸い物だけは完食


食べると腸が動いて、それが痛い。
それから食べてお腹が膨れてくると痛い。
そんなわけで目は欲しがるんだけど、結局たべれない。


まだ微熱があるせいで、トイレに起き上がる以外は
ほとんど横になっていたけど、ご近所友が来てくれたときや
バイト先の社長夫妻が来てくれたときには、
なんとか顔色良く見せられただろうか。
人が来てくれると嬉しくて頑張っちゃうのですw

これから日に日に回復していくようだし、
明日はもう少し歩けるようになるといいな。

*メモ*
まだ少し出血あり。
この記事へのコメント (0件)
※ 投稿後にコメントが表示されない場合はブラウザを再読み込みして下さい。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

URL:

コメント:

counter
2011年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
過去ログ
最近のコメント
カテゴリ
携帯用ページ
リンク
ブックマーク
Powered By
MovableType