2011年05月10日
昨日、入院と手術の日を決めてきたのだけど
あ、最近読んでなかった人のために説明。
来月、子宮筋腫の核摘出手術を受けます。

よく考えたら、月末に入院して手術すると退院は翌月になる。
高額医療費の限度額申請をしようと思ってるから、月をまたいでの入院は避けたい。

そこで、ダメ元で日程変更が出来ないかと再度病院へ。


ワタシの担当医は、今日の午後は外来担当じゃないんだけど、
午後の方が比較的、時間に余裕がある、と昨日聞いていたし
行ってみれば取り次いでくれるだろう。

案の定少し待ったけど、ちゃんと取り次いでくれた。
先生、手術だったのかな、いつもの白衣じゃなくて
ドラマで見るような青いVネックのTシャツだった。

・・・・こっちは買い物のついでに寄っちゃいました、
みたいな格好のオバサン。
なんだかちょっと申し訳ない(汗)


本題の日程の変更を申し出ると、
それじゃもう一週遅らせるのがベスト、と言われる。

いやーできれば、前倒しにしたいんだけど、と言うと、
うーん、と言ってから
では自己血を1パックにしようか、
貧血もなさそうだし、2パックとらなくてもいけるんじゃないかな、という案も。

ワタシとしては自己血を2パックとってもよかったんだけど。
その週に手術しちゃえばいいじゃんと思ってたんだけど。
できれば自己血を採ってから1週間は明けたほうがいいんだって。


要は月をまたがなければいいわけだから
ちゃんと2パックとって7月になってから入院してもいいんだけど、
バイトのほうも、もうお休みを貰ってるし、そんなにズラしたくないんだよなぁ。


自己血1パックで大丈夫?
とも思うけど、自己血はあくまでも念のためのものだし、
もしもの時だって1パックあれば充分でしょ。
足りなかったらその時はその時だ。
(相変わらずの楽観的)


と、言うわけで無事に6月中に
入院・手術・退院ができる(はず)ように日程を組みなおしました。
思ったよりも臨機応変に対応してくれてとっても感謝!
他の大きい病院だとなかなかこうは行かないもんね。
なにせ、手術の予約を取るのに半年以上待ちとか。
ここだって、決して小さい病院じゃないのにさ。



夜、オッサンが帰宅してからこのことを伝えると、
もし血が足りなかったらどうするの?
他人の血を入れるってこと?
と聞かれた。

まぁそうだろうねぇ。
人様の善意の献血から貰ってくるんだろうねぇ。

こういうことがあると、献血のありがたさがわかるなぁ。
ワタシも誰かの役に立つなら献血に行こうかな。
って、輸血した後じゃ献血もできないんだっけ。
じゃ今のうちに行かなくちゃね。
いや、輸血しなかったら手術後でも大丈夫か。
この記事へのコメント (2件)
2011年05月12日 16時29分投稿者 : えび

うー、そっかそっかぁ。
なんだか手術すると聞くとドキッっとしちゃうけど、
そんな時もきちっと制度の事を気にして忘れないはにちゃんは、
やっぱすごい、と思ってしまうよ。
知らなきゃソンな事っていっぱいあるけど、
あっちからは教えてくれないもんね・・・。

なんかそんなはにちゃんを勝手に想像(?)して、
手術というより、リニューアルって言葉もいいかも、
なんて不謹慎かもだけど思いました。

2011年05月13日 10時34分投稿者 : はに

★えびちゃん
リニューアル!w
ワハハ!いいねー♪
手術後は「ニューはに」「はにネオ」「はにフレッシュ」とか名乗ろうかなw

高額医療の制度については、色々な体験記を読んで知ったんだけど、こういうことは義母が詳しくて。
手術が決まって真っ先に義母に相談しちゃった。
頼りになりますw (・人・)

※ 投稿後にコメントが表示されない場合はブラウザを再読み込みして下さい。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

URL:

コメント:

counter
2011年05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
過去ログ
最近のコメント
また日程変更
⇒ はに (05/13)
また日程変更
⇒ えび (05/12)
カテゴリ
携帯用ページ
リンク
ブックマーク
Powered By
MovableType