2008年11月18日
少し前から話題になっていた
マンガで読む 『蟹工船』 を読んだ。


30分程度でササーっと読めるものなんだけど、
読んだ感想も30分で読めるもの程度だった。

やっぱり小説で読んだ方が面白いのかも。

いや、やっぱりこの程度でいいか。

あまりにも暗くて重いし。
後味が苦い。


娯楽にばかり目をむけていたワタシには
プロレタリア文学は衝撃的だった。

にがい。
この記事へのコメント (0件)
※ 投稿後にコメントが表示されない場合はブラウザを再読み込みして下さい。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

URL:

コメント:

counter
2008年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
過去ログ
最近のコメント
カテゴリ
携帯用ページ
リンク
ブックマーク
Powered By
MovableType